沿革

沿革

沿革を見る

大正7年(1918) 笠原与七 白与材木店を開業(豊川市牛久保町)
昭和18年(1943) 戦時特別法により愛知地方木材(株)になる
昭和20年(1945) 終戦後、白与材木店再開(店主 笠原与一)
昭和32年(1957) (有)白与材木店設立(代表取締役 笠原与一)
昭和39年(1964) 正岡町に新工場を建設
昭和40年(1965) 代表取締役 笠原与八就任
昭和41年(1966) ハクヨ石油(有)設立
昭和45年(1970) (有)ハクヨに社名変更(代表取締役 笠原与八)
サッシ事業部 ハウス事業部設立
昭和60年(1985) サッシ事業部独立
(株)豊川サッシセンター設立(代表取締役 笠原勝彦)
昭和61年(1986) (株)ハクヨ産業設立(代表取締役 笠原盛泰) 新規事業研究
昭和62年(1987) 各事業部独立
(有)ハクヨ木材、(株)ハクヨハウスを設立。
(株)ハクヨ産業から総合プロデュース会社(株)ハクヨアークスに社名、組織変更(代表取締役 笠原勝彦・笠原盛泰)
複合医療ビル「ハクヨメディクス(MEDIX)」オープン(豊川市)
平成元年(1989) 複合商業施設「アイレクステラス」オープン(豊川市) 小売、飲食、施設運営事業開始
平成5年(1993) (株)ハクヨアークスからプロデュース部門を独立させ(株)ハクヨプロデュースシステムを設立(代表取締役 笠原盛泰)
平成9年(1997) (株)ハクヨプロデュースシステム、フィットネス事業開始
専門店複合モール「パティオTOYOKAWA」(アクロス豊川内)オープン、運営(豊川市)
「アイレクススポーツクラブ豊川」オープン、運営(豊川市)
平成12年(2000) 「アイレクススポーツクラブ豊田」オープン(豊田市)
平成15年(2003) (有)ハクヨ木材、(株)豊川サッシセンターを(株)ハクヨアークスと合併
平成16年(2004) (株)ハクヨハウスを(株)ハクヨアークスと合併
「アイレクススポーツクラブ田原」オープン(田原市)
平成18年(2006) 「アイレクススポーツクラブPREMIA」オープン(豊田市)
平成19年(2007) 「アイレクススポーツクラブGRANDE」オープン(豊川市)
平成20年(2008) (有)ハクヨを(株)ハクヨに社名変更(代表取締役 笠原勝彦)
ハクヨ石油(有)を(株)ハクヨに合併
「アイレクススクールプラザNEO」リニューアルオープン(豊川市)
平成21年(2009) (株)ハクヨプロデュースシステム、クリエイティブスパーク(株)をM&Aにより子会社化(東京都 千代田区)
ジャパニーズガーデンレストラン「はくよ庵」オープン(豊川市)
平成22年(2010) グルーヴコミュニケーション(株)設立(東京都 港区)
ライブハウス「gigabarTOKYO」オープン(東京都 港区)
平成23年(2011) スタイルフィットネス(株)設立(豊川市)
(株)にぎわい総合研究所設立(名古屋市)
「アイレクス・ザ・クラブ名駅」オープン(名古屋市)
平成24年(2012) (株)ハクヨアークスから事業部独立(株)
アイレクスリテイル設立(代表取締役 笠原和則)
平成25年(2013) (株)ハクヨアークスから白与興産(株)設立、事業部独立
(株)ハクヨフードサービス設立(代表取締役 笠原茂正)
(株)ハクヨを(株)ハクヨコーポレーションに社名変更(代表取締役 笠原盛泰)
ハクヨ一級建築士事務所開設 
平成26年(2014) 「ショップアイレクス」を「ON SEVEN DAYS オンセブンデイズ」に店名変更
「アイレクススポーツクラブ春日井」オープン(春日井市)
「アイレクス・ザ・クラブ覚王山」オープン(名古屋市)
平成27年(2015) 「マチニワとよかわ」オープン(豊川市)
「アイレクス・ライト」オープン(豊川市)
「アイレクステラスクラシック」リニューアルオープン(豊川市)
「アイレクスNEO移転オープン(豊川市)
平成28年(2016) オレンジセオリー・ジャパン㈱設立(東京都 千代田区)
「アイレクスフィット」オープン(豊川市)
(株)アースリーシング設立(代表取締役 笠原大地)
平成29年(2017) グループ3社の分割再編を実施
(株)ハクヨコーポレーション ホ-ルディングス化
アイレクススポーツライフ(株)設立 (代表取締役 笠原盛泰)
(株)ハクヨプロデュースシステム新体制(代表取締役 太田晴也)
アイレクススポーツクラブTVCM開始
「アイレクス・ザ・スタジオ栄」オープン(名古屋)

ハクヨグループ組織変遷

ハクヨグループ

上記図をクリックすると拡大画像が開きます。